【外資コンサルタントの働き方】ジュニアスタッフの1週間


スポンサーリンク

コンサルタントがどのくらい忙しいかについてはこちらの記事でも解説しました。

現役外資コンサルの就活・転職術

激務のイメージがあるコンサルは実際どれくらい忙しいのか。コンサルはあくまでもアウトプットで評価される世界のなので、労働時…

今回は、より具体的なイメージが掴めるためにコンサルファームに勤務するジュニアスタッフランク(アナリスト~コンサルタント)の1週間の過ごし方の例を示したいと思います。

ジュニアスタッフレベルのコンサルタントの役割

ジュニアスタッフレベル(アナリスト~コンサルタント)は基本的には一つのプロジェクトに専念します。プロジェクトにおいては、上司がクライアントと合意してきて設計したストーリーに従い、調査や資料作成を担当するのが主な役割です。

実力次第でやることの幅は広がってきますが、特に最初の1年目は上司から降りてくるたくさんのタスクをかみ砕き、効率的に調査・資料作成ができるかが重要でしょう。

【外資コンサルタントの働き方】ジュニアスタッフの1週間

こちらが、アナリストAさんのある1週間の過ごし方です。

 コンサルジュニアスタッフの1週間の過ごし方
<コンサルジュニアスタッフの1週間の過ごし方例>

◆アサインされているプロジェクト
・3ヵ月間の戦略立案プロジェクト(欧州での新事業立ち上げ検討)
・プロジェクトメンバはアナリストAさん、シニアコンサルタント、マネージャの3名

このプロジェクトでは毎週水曜日にクライアントとのミーティングが設定されているので、Aさん含めたプロジェクトチームはクライアントミーティングを意識したタスク設計をしています。上司のシニアコンサルタントとマネージャが議論を重ねてクライアントと握ってきたストーリーに従って、必要な調査や資料の作成を行うのがAさんの担当です。

月曜日:
先週からの引き続きの作業でAさんは自身が担当している領域の調査や資料作成を進めています。昼過ぎのシニアコンサルタントのレビューは多少の軌道修正を加えられたものの無事に終了し、火曜日中に資料作成が完了する見通しがたったので、この日は20時頃に帰宅、趣味のドラマ鑑賞で一日を終えます。

火曜日:
朝一でマネージャレビューを受けます。概ねOKをもらったものの、追加で数枚スライドを作成することになったので、午後は集中してスライド作成に取り組みます。夕方、シニアコンサルタントに最終確認をしてもらいOKをいただきます。細部にわたる資料の品質チェックを行って明日の会議に向けた資料作成が完了し、ほっと一息。

水曜日:
朝9時からのクライアント会議に向けていつもより1時間早く起床。会議は無事終わったものの、欧州の現地情報が足りていないとのフィードバックをもらい所属ファームの欧州支社とのミーティングを急遽上司がセットすることになりました。オフィスに戻った後はゆっくりランチをして来週のクライアントミーティングに向けてのタスクを棚卸し、この日は議事録をさっとまとめて飲み会に向かいます。

木曜日:
午前中は来週の会議に向けた作業を開始、ランチはOB訪問に応じ、就活をする学生のサポートをします。この日は夕方に上司がセットした欧州オフィスとのテレカンに臨むため、テレカン用に論点を簡単にまとめておきます。テレカンでは必要な情報を入手することができ、来週のクライアント会議に向けて内容の取り纏めを行ってこの日は退社。

金曜日:
この日は一日作業に時間を割くことができる日なので、事前に立てた計画に従って、調査・資料作成を進めます。ランチ後にシニアコンサルタントのレビューをもらい、このまま進めてよい旨のフィードバックをもらい、気分良く行きつけのジムでトレーニングを行い、1週間を締めくくりました。

入社から間もないとは言え、労働時間自体はタスク状況を鑑みて自分で調整ができることがポイントです。事業会社のように労働時間が明確に定められているわけではないため(人事にはこんなこと言うと怒られますが泣)、クライアント会議前日はばたばたしがちな一方、クライアント会議が終わればプライベートの予定をうまく組み込むことも可能です。上司にタスクスケジュールを提案、合意形成を図った上でタスクを進めることができればスムーズにいくでしょう。

仕事ができる人ほど、時間の調整も上手です。

まとめ

  • コンサルファームのジュニアスタッフレベル(アナリスト~コンサルタント)は一つのプロジェクトに専念し、上司がクライアントと合意してきて設計したストーリーに従い、調査や資料作成を担当するのが主な役割
  • クライアント会議等のプロジェクト上のマイルストーンをターゲットに上司にタスクスケジュールを提案し、それに従って日々業務を遂行する

スポンサーリンク